読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aptana Studioの環境構築

開発環境

0. インストールするもの


1. Aptana Studioをインストールする


2. Babelをインストールする


3. Aptana XUL Runnerをインストールする

  • 「ヘルプ > 新規ソフトウェアのインストール」をクリック
  • 「Work with:」の欄の右端の三角形をクリックし、「Aptana XUL Update Site」を選択
  • Aptana XUL Runner」が表示されるので、選択してインストール


4. EGitをインストールする

  • 「ヘルプ > 新規ソフトウェアのインストール」をクリック
  • 「Work with:」の欄に「http://download.eclipse.org/egit/updates」と入力
  • いろいろパッケージが出てくるが、「Eclipse EGit (Incubation)」を選択しインストール


5. EGitからgithubにpushする(ここからが本題)

  • 「ウィンドウ > 設定」をクリックし、設定ダイアログを表示
  • 「一般 > ネットワーク接続 > SSH2」をクリック
  • 「鍵管理」タグの「RSA鍵の生成」をクリックし、鍵を生成する
  • githubのアカウントページの「SSH公開鍵」をクリックし、生成された公開鍵をコピペする(ついでにプロジェクトを作成しておく)
  • その後、「秘密鍵の保管」をクリック。パスフレーズなしでおk
  • 適当にプロジェクト(githubに作成したものと同名)を作成し、ルートで「右クリック > プロジェクトの共用」をクリック
  • プロジェクト名をクリックし、「Create Repository」をクリックし、「終了」をクリックする。ローカルリポジトリが作成される
  • aptana studioに戻り適当にファイル(READMEファイルなど)を作成する
  • プロジェクトのルートディレクトリで「右クリック > 追加」「右クリック > コミット」「右クリック > remote > push」の順に実行
  • githubのプロジェクトページの「ssh」のURIをコピペ、あとは適当に従う