読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JavaScriptのループ文あれこれ

JavaScript

1. 典型的なfor文

for (var i = 0; i < array.length; i++) {
    statement
}
  • ループ開始前に「var i = 0」でループに使う変数を宣言する。ちなみに、「,」でつなげると、複数の変数を宣言できる。
  • 「i < array.length」がtrueであるかぎり、ループが続く。
  • 「i++」が各ループの最後に実行される。「i++」はiが0のとき、iに1を足して0を返す。
  • 各ループのはじめにarray.lengthを呼び出しているので、効率が悪い。事前にキャッシュすると2.のようになる。


2. 改良型for文

var i = 0, len = array.length;
for (; i < len; i++) {
    statement
}
  • 事前にiとarray.lengthをキャッシュしておく。
  • 「;」は省略できない。なんか気持ち悪い。whileを使ってシンプルにすると、3.のようになる。


3. while文

var len = array.length;
while (len--) {
    statement
}
  • 「len--」がfalseになるとループが停止する。
  • 「len--」は、lenが1のとき、lenに0をセットし、1を返す(よって、ループは続く)。lenが0のとき、lenに-1をセットし、0を返す(よって、falseと解釈されループは停止する)。


4. while文・do while文のテスト

var i = 10
while (i--) {
    console.log(i);
}
//=> 9, 8, 7, 6, 5, 4, 3, 2, 1, 0

while (--i) {
    console.log(i);
}
//=> 9, 8, 7, 6, 5, 4, 3, 2, 1

do {
    console.log(i);
} while (i--)
//=> 10, 9, 8, 7, 6, 5, 4, 3, 2, 1, 0

do {
    console.log(i);
} while (--i)
//=> 10, 9, 8, 7, 6, 5, 4, 3, 2, 1
  • 「i--」はiを返してから1引く。「--i」は1引いてからiを返す。
  • while文はループ開始時に評価し、do while文はループ終了時に評価する。
  • 回数を指定してループを実行したいときは、「while (i--) {}」か「do {} while (i--)」がいい。