読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

class_evalとinstance_eval

Ruby/Rails

以下のようなクラスとインスタンスについて考えていく。

Person = Class.new # Personクラスの作成(Classクラスのインスタンスの作成)
naoty = Person.new # Personクラスのインスタンスの作成

今回はclass_evalとinstance_evalについて。どっちとも引数のブロック内の文字列をRubyコードとして評価して実行するのだが、実行するコンテキストが異なる。

Person.class_eval do
  def greet
    p 'Hello, my world!'
  end
end
naoty.greet #=> "Hello, my world!"
  • class_evalはレシーバ(=Person)をクラスとしてブロック内を実行する。クラス内で実行されたのと同じ。
  • この場合、Personをクラスとしてgreetを定義しているので、greetはインスタンスメソッドとなり、naotyというインスタンスから呼び出すことができる。
  • privateメソッドを呼び出すときに使われることが多い。
Person.instance_eval do
  def greet
    p 'Hello, world!'
  end
end
Person.greet #=> "Hello, world!"
naoty.greet #=> NoMethodError: undefined method 'greet' for ...
  • instance_evalはレシーバ(=Person)をインスタンスとしてブロック内を実行する。
  • instance_evalでメソッドを定義すると、そのインスタンスの特異メソッドが定義されることになる。
  • PersonをClassクラスのインスタンスとして考えると、instance_eval内で定義されたメソッドはPersonの特異メソッドであり、すなわちクラスメソッドということになる。