読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハッカソンでgithub連携のnode.jsアプリ作った話

node.js 雑記

疲れたので手短に。

土日2日間ぶっ通しのハッカソンでnode.jsを使ったgithub連携アプリを作った。仕事はRailsで、まともなアプリをnode.jsで書いたことなかったし、せっかくだからnode.js使ってみた(っていうか、勝ちに行っても勝つ見込みないから、楽しむことに専念した)。

ソースコードはこちら。

https://github.com/naoty/arounds

Express 3.x, MongoDBでHerokuにデプロイしてます。

github認証

認証ライブラリはいろいろあるようだけど、Passportを使ってみた。github認証したい場合はpassport-githubというものがあるので、それを併用する。使い方は載ってるので割愛。

まだnode.jsでのセッションの取り扱いとかちゃんと理解してないから、passport.serializeUserらへんがよくわかってない。

mongoose, MongoLAB

MongoDBのORMとしてmongooseを使った。Heroku上のMongoDBにはMongoLABを使った。ブラウザからコレクションの中身とか見れるのでよかった。

$ heroku addons:add mongolab:starter

環境ごとの設定

github APIのclient IDやDBのホストのために環境ごとに設定ファイルを用意した。

// app.js

require config = process.env.NODE_ENV == 'production' ? require('./config/production') : require('./config/development');
// configs/production.js

module.exports = {
    github: {
        clientID: process.env.GITHUB_CLIENT_ID,
        clientSecret: process.env.GITHUB_CLIENT_SECRET,
        callbackURL: process.env.GITHUB_CALLBACK_URL
    },
    mongodb: {
        path: process.env.MONGODB_URI || process.env.MONGOLAB_URI
    }
};

本番環境ではAPIキーをHerokuの環境変数を経由して参照する。

// configs/development.js

module.exports = {
    github: {
        clientID: 'GITHUB CLIENT ID',
        clientSecret: 'GITHUB CLIENT SECRET',
        callbackURL: 'http://127.0.0.1:3000/auth/github/callback'
    },
    mongodb: {
        path: 'mongodb://localhost/arounds'
    }
};

ソースコードを公開する場合は、APIキーを隠すためにconfig/development.jsを.gitignoreに追加しておく。

まだよくわかってないこと

とりあえずnode.jsでアプリを作ってみてわかんなかったところをメモ。

MVCな書き方

Expressは放っておくと、ルーティングやルーティングに対するアクション、モデルの定義などいろんなものをapp.jsに書くことができてしまう。viewは分かれてるけど。Rubyで言うと、RailsよりはSinatraが近い。簡単なアプリケーションなら1ファイルにまとめてしまった方がラクかもしれないけど、すぐにMVCが崩壊してしまう。

また、socket.ioを使ったコードを書くとき、view側のjavascriptにも複雑なロジックを書くことになる。

コールバック地獄

上のにも関連するけど、あっという間にコールバック内にコールバックを書いて、その中にコールバックを書くケースが出てくる。deferというものを教えてもらったので、それ使ってみたい。

ミドルウェア

app.use()みたいなのがたくさんあるけど、あれらが何をやってるのかまだよくわかってない。express newすると勝手にできてしまうから、あんまり意味を考えなくても動く。express newに頼らずに書いて覚える。