読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Alamofire/**/*Tests.swiftを読んだ

前回Alamofireの実装を読んだので、ついでにテストコードも読んでみた。

$ tree -P "*Tests.swift" -I .git
.
├── Source
└── Tests
    ├── DownloadTests.swift
    ├── ParameterEncodingTests.swift
    ├── RequestTests.swift
    ├── ResponseTests.swift
    └── UploadTests.swift

とりあえずRequestTests.swiftから読んでみる。

RequestTests.swift

L:26

extension Alamofire {
    struct RequestTests {
        class RequestInitializationTestCase: XCTestCase {
            // ...
        }

        class RequestResponseTestCase: XCTestCase {
            // ...
        }
    }
}
  • このプロジェクトはビルドターゲットをもたないため、ターゲットごとに名前空間が作られるわけではない。そのため、Alamofireという構造体の中にテストクラスをネストさせることで実装コードを参照できるようにしている。
  • テストケース、この場合はinitとかresponseといったメソッドの単位でテストケースのクラスを作っているようだ。

L:49

class RequestResponseTestCase: XCTestCase {
    func testRequestResponse() {
        let URL = "http://httpbin.org/get"
        let serializer = Alamofire.Request.stringResponseSerializer(encoding: NSUTF8StringEncoding)

        let expectation = expectationWithDescription("\(URL)")

        Alamofire.request(.GET, URL, parameters: ["foo": "bar"])
                 .response(serializer: serializer){ (request, response, string, error) in
                   expectation.fulfill()

                   XCTAssertNotNil(request, "request should not be nil")
                   XCTAssertNotNil(response, "response should not be nil")
                   XCTAssertNotNil(string, "string should not be nil")
                   XCTAssertNil(error, "error should be nil")
                 }

        waitForExpectationWithTimeout(10){ error in
            XCTAssertNil(error, "\(error)")
        }
    }
}
  • expectationWithDescriptionwaitForExpectationWithTimeoutXcode 6からXCTestに追加された非同期テスト用のAPI
  • まず、expectationWithDescriptionメソッドXCTestExpectationオブジェクトを生成する。
  • waitForExpectationWithTimeoutは指定された秒数、上で生成されたXCTestExpectationオブジェクトのfulfillメソッドが呼ばれるのを待つ。呼ばれれば成功、呼ばれずに指定された秒数が経過すると失敗となり引数に渡されたクロージャを実行する。

他のテストコードも読んでみたけど、上と同じようなコードがあり特に読む必要はなさそうだった。